HOME>ホットトピックス>必要となってくる場所はどんなところなのか

目次

導入目的を知っておこう

建設現場では工事の様子が見えるところと見えないところがあります。特に建築の場合には周辺に住宅がある場合も考えられます。見えてしまうと景観を悪くさせるということがあるので、見えないようにシートを貼る、ということがあります。そのシートもできるだけオシャレなもの、景観を悪くさせないものを選択することがあります。オシャレな現場シートを導入することで雰囲気もよくなります。

オリジナルのデザインで作る

現場シートをデザインしてオリジナルのものを作る、という建設会社もあります。自社のオリジナルであれば宣伝効果も得ることができますし、わざわざ工事現場ごとにデザインを考えるという手間も省くことができるようになっています。

場所によって必要なもの

現場シートは粉じんの飛散を防止するなどのメリットもありますが、例えば国宝の修繕などの際にその姿を隠してしまうことになるので、修繕完了の予想写真などを現場シートに印刷することによって雰囲気だけでも味わうことができる配慮も行うことができます。

住宅地での活用

マンション建設などが行われている現場では完成予想の写真が現場シートにプリントされていると、近隣が工事中に違和感を感じることを避けることができます。完成後の景観の予想もできるので近隣対策にも効果的です。

広告募集中